2007年10月12日

ユカタットの組み立て

yk00.jpg我が家にある3艇のインフレータブルカヌー。
ユカタット、スピリーワン、ヘリオスLUX340。
その中で船首と船尾にプレート&フレームを装備するユカタットの組み立てをご紹介。

画像クリックで大きく見れます。

yk01.jpgまずはコンパクトに折り畳まれたユカタットを収納バッグから出したトコロです。ちなみに、この時の画像は購入して初組立の時のモノで、バッグからの初出し。まぁキレイに畳まれています。今はこんなにキレイに畳めないなf^_^)

yk02.jpg広げたトコロ。
煎餅状態。

yk03.jpg普通のインフレータブルカヌーなら、ここから空気を入れる作業だけど、ユカッタトの場合は、その前にプレート&フレームを装着。まずは船首部分から。

yk04.jpg違う角度で。
船首部分はサイドにジッパーがあって入れやすい様に工夫されてます。

yk05.jpg次いで船尾にプレート&フレームを装着。ところがココで問題発生。
どうやっても入らない!

yk06.jpgしばし何度も取説を見返してみる。
が、インナーチューブに装着と記載されてるだけで、
装着方法に関する記載は無し。。。

yk07.jpg自分が購入したのは2006年モデル。このモデルからエアーバルブの形状が変わって船体布とインナーチューブが一体式になるよう改良されております。見た目すっきりしていて良ろしいですが、このエアーバルブが装着の邪魔となってプレート&フレームが入っていかない。。

yk08.jpg結局エアーバルブのキャップを外してプレート&フレームを装着です。邪魔なモノが無くなったのですんなりと装着できます。

yk09.jpgで、またここで一苦労です。エアーバルブを元の位置にしてキャップを絞めなくてはいけません。画像の指で掴んでいるのがエアーバルブのネジ山部分。このネジ山を船体布側の穴まで持っていかなくてはいけない。

yk10.jpgこの位置まで持ってこれれば、あとはキャップを絞めるだけ。指がつりそー。。

yk11.jpgあとは各気室に空気を入れて、シートを装着すれば、

yk12.jpg完成です。
初組み立てのこの日、所要時間は約1時間(笑)
今は、慣れもあって15〜20分程で組み立てられるようになりました。

posted by Baku at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。